HOME COLLABORATE (コラボレイト)
WORK  お仕事
WEB SITE ? WEBサイト?
コラボ
Information お知らせ
APPEARED 公開 プレスリリース
CONTACT  ご意見  お問い合せ メール 
 
SOHOというフレキシブルな形態


eny studioは、2000年の設立よりこれまで、SOHOスタイルで仕事を行っています。「SOHO」とは、Small Office Home Officeの略で、自宅や小規模のオフィスで働くことを意味した呼称ですが、2000年当初比べれば、急速に発達した情報の流通手段とと個々を結ぶネットワークのスピードの高速化のおかげで、よりフレキシブルなスタイルで仕事を進めていくことが可能になりました。

 

SOHOの利点は、以前にも書いて(下記アーカイブをご参照下さい)いますが、様々な才能を持った人々が、多様化、スピード化するプロジェクトにフィットするよう需要に応じて集結・協力し、作業を効率よく進めることができるという点です。

 

eny studioでは、プロジェクトの内容に応じて、長年こつこつと培ったネットワークで、様々な才能を集結させ、お客様の多様なご要望を効率よく実現化してまいりました。


これからは、スマートフォンなどの携帯端末の進化も更に進み、SNSなどのコミニュケーション手段としてのWEBサイトの存在との関わり方など、私たちを取り巻く環境は、更に高速・多様化し、思いもよらなかったような様々なニーズを生み出し、そして消費し淘汰していくことでしょう。 それには、更なる柔軟性とスピード、そして多くの違った要素を取り込んでいく多様性が要求されていくのではないでしょうか。 そこで、小回りのきく形態で、スピーディーにわかりやすく対応できる環境である必要があるのではと考えています。 

[ そこで、eny studioでは、コラボレイトパートナーを募集しています ]
eny studioのコラボレイトスタイルに共感され、コラボレイトパートナーに参加されたい方は是非ご一報ください

(eny studio・吉富菜穂美ー2012年12月)


アーカイブは、タイトルをクリックしてご覧いただけます。
これらの記事は10年経った今読み返すと興味深いので、削除せずそのまま アーカイブといたしました。
[ アーカイブ / 2003年 06月 ] コラボレーションで多様性を


SOHOスタイルをとっている場合、個人の力量不足によって発想が自己の技量の枠を越える事ができない懸念があります。たしかに、一人で何もかもプロフェッショナルに こなしていこうというのは、無理な話です。そんな時に、他のSOHOで活躍する人達とコラボレイトすることによって、お互いが得手不得手を補うことができ、自己の技量を超えた、優れた新しいモノを生みだす事を可能にします。

私は、これまで、HONEYCOMB NETWORKの丸山氏とのコラボレイトで、様々なアプリケーションプログラムを含んだサイトをご提案させてきました。
HONEYCOMB NETWORKの独自プログラム構築力と更にDB(データベース)+サーバー構築を含めた一貫したシステムサイトの構築で借り物ではないオリジナリティーのある独自のシステムを持ったサイトを実現させてきました。このことにより、WEBサイトに色々な機能を持たせるだけではなく、WEBサイトの様々な可能性をも模索できるようになりました。

具体的には、ネット販売のような購買だけの直接的なユーザー(=顧客)とのやり取りではなく、これまで訪問や電話、FAXで行なってきた顧客や提携業者とのやり取りのすべてをインターネット上で展開し、よりよいサービスを提供する事ができるような、サイトから始まる顧客とのシームレスな連携を実現させていく事などを念頭に制作してきました。それは、これからのサイトには、それらが不可欠になっていくのではないかと思われる要素だからです。

事実、そういったインターネット上で何らかの仕事や作業を進めていくという事は、それらのサイトの制作するにあたり、私とHONEYCOMB NETWORKが実際にやっている事です。仕事を構築・進行させていくのも、制作を進めていくのもインターネット上で、そのほとんどを完成されてしまいます。DATAや其々の゛想い゛のやり取りも、メールをはじめ、コラボレイト専用サーバーでの共同構築などで作業が進行していくのです。

インターネットが浸透している今にあっては、その利点をフルに活用する手立てを色々な方向から模索する必要があるのではないかと考えています。

[ eny studio・吉富菜穂美 / 2002年10月 ]

付記:これまで、さまざまな作品でコラボレイトしていたHONEYCOMB NETWORKと2003年6月よりWEB部門が
eny studioにて統合いたしました。これからも、さらに色々な分野で使い心地の良いWEBサイトのご提案していきたいと思っています。 (2003年6月)

[ アーカイブ / 2002年 10月 ] コラボレイト作品の例

これまで、コラボレイトする事で完成してきたサイトが多々あります。中には、企業内や提携会社との業務をスムーズに行う為に制作したものもあり、企業内サイトのように公開する事ができないサイトもありますので、各々の具体的な記述はさけ、例としてご紹介いたします。

まずインターネットの利点を活用した例です。

アジア各国の関連企業にWEBサイトを使い、一度に様々なサービスを受信・活用させる事ができます。
発信サイドでは、リアルタイムにWEBサイト制作(HTML等の)知識のない方でも規定のエディターサイト(ブラウザーページ)から情報を簡単に随時発信する事もできます。 また、ユーザーを限定したい場合には、サーバーサイドでの設定により、閲覧者を制限、管理する事も可能です。
このようなシステムは、WEBショッピングサイトなどの場合、商品ページ、受注管理、顧客管理等々まで必要に応じた形でデータベース、表示サイト、管理サイト共に構成・制作が可能です。

これは、従来の「借物」のシステムでは、サイト管理者が発信したいサービス内容に不足・過剰気味な要望にフィットしないシステムを使用する事で、他のショップと同じような特徴のないサイトになってしまうのは、使う側としてどうか?という疑問から発生したものです。

また、WEBサイトを制作するクライアント側で、メンテナンスを行う更新管理者がHTMLの知識がない人の場合は、通常ならばサイト制作者や更新作業が可能な人にメンテナンスを依頼することになります。しかし、常時頻繁に更新作業が発生するようなサイトの場合、その管理依頼のランニングコストと更新内容を流す手間は、計り知れないものになります。そこで、そういったサイトである場合は、HTMLの知識がない管理者でもブラウザーから必要事項を入力する事によって、サイトの更新が可能にする事ができます。これは、入力するシステムを表示サイトとは別に作ることになります。もちろん、その入力可能なサイトへは、サーバーよりセキュリティー管理されています。

このように、単なるWEBサイトを制作するのではなく、その後のサイト運営に無理なくあたれるような管理システムも併せてご提案しています。これは、サイトにとって一番の生命線となる「常に新鮮さを保つ」為には、どういった方法を提案するのがベストなのか、それがWEBサイトの存在意味を膨らませる事に繋がると考えるからです。

企業で使用するWEBサイトから、対コンシューマーのサイト、ポータル的サイトまで、管理者にも優しいように様々な方法で「オンリーワン・WEBサイト」をご提案させていただいています。

(eny studio・吉富菜穂美ー2002年10月)

[ アーカイブ / 2002年 10月 ] PHPについて

■ PHP (Hypertext Preprocessor)

私が、HONEYCOMB NETWORKとコラボレーションする際に使用するプログラムは、PHPです。

PHPとは、サーバーサイドのスクリプト言語で、 オープン・ソース・オブジェクト(PHPの全情報が無料公開 されているという意)であるということと、HTMLソ-ズの中に直接書き込み、その実行結果を最終的にブラウザに出力されることを前提に 使う事が一番の特徴です。 

このPHPは本来、Web上での処理をより円滑に効率よく行える言語の開発を目的としています。動的コンテンツを軸として、ウェブサーバーの機能を利用したりデータベースを制御する為の関数が標準で用意されています。 
また、上記の「サーバーサイドの」と特記したのは、HTMLソースの中に直接書き込み実行させるのに有名な「JavaScript」も同じスクリプト言語なのですが、JavaScriptは、ブラウザ側で実行されるスクリプトなため、ブラウザの種類やバージョン、ユーザーの設定等を考慮してないと実際には、実行されない場合があります。 これに対し、PHP は、ブラウザーではなく、サーバー側で実行される為ブラウザーや環境に関係無く、スクリプトそのものは意図した通りに動いてくれます。 

今までのこのような、動的なコンテンツの柱として、ParlやCGIが主流でした。しかし、このPHPは、PHPモジュールをApacheサーバーに組み込むことにより、Perlや C言語等で作られたCGIと比較しても、より高速な処理(perl は ウェブサーバーから呼び出される外部プログラムな為、呼び出しのオーバーヘッドがかかります。このオーバーヘッドがない分、PHP の方が高速です)が行えるうえ、サーバーへの負荷も低減できます。 

その他の便利な機能として、一例ではありますが、データベース接続、PDF、JPG、GIF、 Shockwave、PNGその他のグラフィックス・ファイルの作成、電子メールの送信、ファイルの読み取りと書き込み、XMLの構文解析、セッションの処理、HTTPを介したブラウザーとの直接対話などを行う関数も付属しています。さらには自分で関数を定義する事なども可能です。

これらの複合的な機能を有するPHPのその機能の多くがWeb上での作業を意識し、並んでWEB上でのビジネスに対応するために更に日々強化されています。

そのような点からも、今後のe-ビジネスにおける重要な役割は、このWebに特化したPHPが担っていくのではないかと考えています。 

(eny studio・吉富菜穂美ー2002年10月)


   

eny studio site map
HOME ・・・・・・・・・・・・・・
INFO
PRESS
WEB SITE ? ・・・・・・・・・・・・・・・
MESSAGE
ARCHIVE
COLLABORATE ・・・・・・・・・・・・・・・・
MESSAGE
ARCHIVE
WORKS ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
WEB & PROGRAM
LOGO
F & B MENU
POSTER & ADVERTISING
OTHER


CONTACT
General Enquiries
  Tweet  
0861939